アイムピンチ関連

アイムピンチの全成分と安全性を調査

初めて使うコスメで一番気にするところは?

購入価格や口コミもそうですが

最も気にするポイントは
そのコスメを使ってみて、肌に異常がでないかどうか安全性が気になるところです。

普通肌、乾燥肌、敏感肌など・・・
人によって肌質には個人差があり、どんなに人気のコスメでも
その人の肌によっては、肌が荒れたりするリスクがでてしまいます。
コスメは肌に直接つけるものだからこそ
コスメの成分の安全性は自分の目で確認しておく必要があります。

ここではアイムピンチの全成分と安全性について紹介しています。

  • アイムピンチには化学物質はどれぐらいふくまれているの?
  • アイムピンチの成分で副作用が起きてしまうことはあるの?
  • アイムピンチはどんな肌質の人でも安全に使えるものなの?

初めて使うコスメで嫌な思いをしたくない!
アイムピンチの安全性をしっかり確認し、納得した上で使うことをおすすめします。

アイムピンチの成分は安全なの?

雑誌やメディア、芸能人のSNSで話題になっているアイムピンチですが
本当にアイムピンチに配合されている成分は安全なのか?心配になりますよね。

とても肌にいいことや
女性の永遠の悩みである顔の小じわやほうれい線、肌のたるみに直結した効果を引き出してくれる など
魅力的な言葉はありますが、果たしてアイムピンチに使用されている成分は安全なのか?を調べてみました。

アイムピンチには危険な成分は配合されているのか?

どんなに人気の美容液でも、肌を痛める危険な成分が入っていたら?と考えると安心して使うことができません。

特に保存料や着色合成料、防腐剤は大量に入っていると
肌が弱い人は炎症や湿疹を起こしてしまう可能性もあります。

宣伝では 天然由来成分 と書かれていても
フタを開けてみたら、化学物質が大量に含まれていたということもあり得る話です。

アイムピンチの成分はどんなものが含まれているのか、調べてみましょう。

アイムピンチの主成分はどんなものを使っている?

まずアイムピンチに使われている主成分から調べていきましょう。

コラーゲン発酵活動エキス

アイムピンチ 成分

アイムピンチの保湿効果を担っている主成分が、大豆や米ぬかを発酵させたコラーゲン発酵活動エキスになります。
発酵エキスの原料になっている大豆や米ぬかは実際に食品として食べれるぐらい高い安全性が認められたもののみを使用しています。
安全性が認められている原料を使用しているという事は、普段私たちが食しているものをカタチを変えて肌に付けるということになります。

コラーゲン発酵活動エキスは保湿効果に優れていると言われています。
アイムピンチにはこの成分を全体の30%と高配合に含まれているため、高い保湿効果が期待されています。

銀河水

アイムピンチ 水

アイムピンチに使用されている水は、精製水ではなく銀河水といわれるミネラルウォーターを使用しています。
一般的な化粧品には精製水を使用していますが、銀河水には精製水にはないミネラル成分が多く含まれているため
加熱処理していなくても飲める最高級の水として知られています。

銀河水は世界的にも安全性・機能性が認められているため肌への危険性は全くなく
肌の角質層にまでみずみずしい水分を浸透させてくれる働きを持っているため肌トラブル解消に繋がると考えられています。

POINTここからはアイムピンチ美容液のベース成分とその働きになります。

表示成分
効能
ヒアルロン酸Na
保湿・整肌・蒸発防止
水溶性コラーゲン
保湿・蒸発防止・保護
加水分解水添デンプン
保湿・抗炎作用
グリコシルトレハロース
代謝促進・保湿・保護・抗炎症・日焼け防止・美白・肌荒れ防止
α-アルブチン
メラニンの生成抑制
ハトムギエキス
保湿・消炎
プルーン分解物
保湿・美白
ハマメリス水
収れん作用・保湿
オトギリソウエキス
制肌・収れん作用・抗炎症作用
カミツレエキス
消炎作用・保湿・収れん作用・血行促進・殺菌
トウキンセンカエキス
抗菌作用、抗炎症、保湿、血行促進
フユボダイジュ花エキス
保湿・抗炎症・血行促進・収れん作用・抗酸化
ヤグルマギクエキス
抗菌作用・消炎作用・収れん作用・保護・皮膚細胞の活性化作用
ローマカミツレエキス
消炎作用・収れん作用・血行促進・抗菌作用・殺菌作用
グリセリン
保湿・温感
ローマカミツレエキス
収斂・抗菌・殺菌
BG
保湿・防腐作用
スクワラン
保湿・制肌・蒸発防止
トリポリヒドロキシステアリン酸ジベンタエリスリチル
飽水性・保湿性
ベンチレングリコール
保湿・抗菌作用・防腐力
ベタイン
保湿
カクロスポリマー
制汗・保護・テカリ防止
カルボマー
保湿・保護
水酸化K
酸性成分を中和させる
フェノキシエタノール
防腐作用

アイムピンチのベース成分だけみても、化学物質はほとんど含まれておらず
そのほとんどが植物性のエキスなどを使用していることがわかります。

アイムピンチへの安全性は医学雑誌でもお墨付き!

アイムピンチのすごいところは、安全性や効能評価試験を実施済みというところが最大のポイントになります。

アイムピンチ 評価

肌の負担になる添加物を使わず、いかに保湿効果や美容効果を高めるかを
長い時間をかけて行い、実証しているところです。
効能評価試験を行うことによって、どんな効果を持っているかを明確に知ることができ
安心して使うことができます。
その行為が評価され、医学雑誌にも掲載されるほどアイムピンチは注目を集めている化粧品になります。

アイムピンチを使うと副作用は出るの?

アイムピンチは必要最低限の保存料のみ以外、基本的に肌に害を与えるような成分は配合されていません。
アイムピンチはこだわりと安全性を徹底的に追及して作られたものですが、どんな肌質の人にも合う万能な美容液とは限りません。

注意しないといけないポイントは2つあります。

肌質によって相性の善し悪しがある

どんなよい化粧品にも共通していえるのが、肌質は人によって異なるため人によっては合う合わないがあります。
脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌、アレルギー持ちなど様々な肌質があり、
相性も異なります。

アイムピンチの特徴はオールインワンタイプより濃厚なテクスチャと豊富に含まれる美容成分が配合されています。
保湿効果は効能評価試験をクリアしているため、潤い効果は得やすく
肌が乾燥しやすい人にとってはアイムピンチはおすすめできる美容液と感じます。

しかし脂性肌の人にはアイムピンチのとろみはよりべたつきを感じやすく使いにくいと感じる人もいるかもしれません。
効果が優れていても人によっては使いにくいタイプの美容液ともいえます。

食品アレルギーによってアイムピンチが使えない場合がある

アイムピンチの主成分は食品として食べることができる大豆や米ぬかなどを発酵、エキスとして成分配合されています。
保湿効果はお墨付きですが、食品アレルギーがある人がアイムピンチを使いたいと考えている場合は注意が必要です。
特に大豆アレルギーを持っている場合は、自分のアレルギーの程度がどの程度かや顔に実際に塗る前にパッチテストを行ってみるなど
十分な注意が必要になります。
パッチテストを行って赤みやかゆみが発生した場合、ただちに使用を辞め病院へ受診しましょう。

肌への安全性を考えるなら、まずアイムピンチのお試しから始めてみよう!

肌が乾燥して最近目元や顔周りが気になっている場合
それはただの加齢が原因で起こっているわけではなく、肌の乾燥による肌細胞の水分不足が原因です。
日常的にダメージにさらされている肌ですが、小じわやほうれい線、肌のたるみが目立つようになってくるとより老けてみえやすくなります。

特に肌の乾燥に悩まされる人にこそ、アイムピンチの潤い効果を体感してほしい!
医薬品ではないため短期間の効果は実現できませんが、使えば使うほど肌が潤っていく感じを体感できます。

潤いのある肌を諦めているのはまだ早いです。
アイムピンチで見た目年齢を向上させましょう♪