アイムピンチ関連

アイムピンチに配合される15種類の美容成分とは

数々の雑誌やメディアで取り上げられているアイムピンチ

なぜアイムピンチの保湿効果は他の美容液と効果の差が違うのか?気になったことはありませんか?

雑誌やメディアで取り上げられているコスメは特徴的な美容成分を配合していることが多く

「他の美容液にはない美容成分を配合しているからこそ、効果が期待できる」と感じている人も多いです。

ここではアイムピンチが持つ高い保湿効果を引き上げている15種類の美容成分について紹介していきます。

  1. アイムピンチに配合されている15種類の美容成分の特徴を知る
  2. その美容成分が肌へともたらす効果はいったいどんなものがあるの?

肌に直接つけるものだからこそ、どんな効果があるのか知っておくと安心して使うことができます。

アイムピンチに配合されている美容成分の特徴を知ろう

アイムピンチ美容液に配合されている主成分は、食品としても食べれるもの
アイムピンチ独自の製法で加工し、美容成分として配合しています。

主成分のコラーゲン発酵活動エキスは大豆や米ぬかなどを納豆菌で発酵させたものになります。

アイムピンチの成分

食べ物から抽出した成分は 食べれる イコール 安全性が高いということが明確になり
肌にも安心して使うことができます。
安全性だけではなく、美容成分としても効果を実証する試験を行っています。

発酵エキスを30%と高配合していても、使い続けていて効果が実感できなければ意味がありません。
他の化粧品にはない成分を使っているからこそ、実際の肌に効果がでるのか?という効能評価試験の役割はより重要度を増してきます。

POINTここからはアイムピンチ美容液のベース成分とその働きになります。

表示成分
効能
ヒアルロン酸Na
保湿・整肌・蒸発防止
水溶性コラーゲン
保湿・蒸発防止・保護
加水分解水添デンプン
保湿・抗炎作用
グリコシルトレハロース
代謝促進・保湿・保護・抗炎症・日焼け防止・美白・肌荒れ防止
α-アルブチン
メラニンの生成抑制
ハトムギエキス
保湿・消炎
プルーン分解物
保湿・美白
ハマメリス水
収れん作用・保湿
オトギリソウエキス
制肌・収れん作用・抗炎症作用
カミツレエキス
消炎作用・保湿・収れん作用・血行促進・殺菌
トウキンセンカエキス
抗菌作用、抗炎症、保湿、血行促進
フユボダイジュ花エキス
保湿・抗炎症・血行促進・収れん作用・抗酸化
ヤグルマギクエキス
抗菌作用・消炎作用・収れん作用・保護・皮膚細胞の活性化作用
ローマカミツレエキス
消炎作用・収れん作用・血行促進・抗菌作用・殺菌作用
グリセリン
保湿・温感
ローマカミツレエキス
収斂・抗菌・殺菌
BG
保湿・防腐作用
スクワラン
保湿・制肌・蒸発防止
トリポリヒドロキシステアリン酸ジベンタエリスリチル
飽水性・保湿性
ベンチレングリコール
保湿・抗菌作用・防腐力
ベタイン
保湿
カクロスポリマー
制汗・保護・テカリ防止
カルボマー
保湿・保護
水酸化K
酸性成分を中和させる
フェノキシエタノール
防腐作用

主成分以外のベース成分は主に保湿効果を高める成分が多く
そのほかにも肌の自浄作用を高める成分が含まれているため、一般的な美容液よりも高い保湿効果を実現出来ています。

アイムピンチはどんな肌の悩み解消に効果が期待されているの?

アイムピンチ

アイムピンチはどんな年齢層に評価が高いのでしょうか?

アイムピンチを愛用している年齢層は主に、30代から上の世代が多く
使用している理由が 肌の乾燥による小じわやほうれい線、肌のたるみの悩みを解消したいという人がほとんどです。

20代のころには気にならなかった小じわが30代を過ぎると徐々に増えてしまう理由は肌のバリア機能になります。
肌のバリア機能を担っている皮脂の分泌量は30代を過ぎると徐々に減ってきます。

肌にとって皮脂の役割は2つあります。
  • 肌細胞に含まれている水分を逃がさないようにしている フタの役割
  • 紫外線やほこりなど外敵から守る バリアの役割

皮脂は過剰に出すぎても毛穴を詰まらせたりする原因になりますが
逆に少なすぎると肌細胞から水分が逃げてしまい、肌が固くなりシワやほうれい線ができやすい状態になります。

アイムピンチは肌細胞に必要な水分と美容成分を豊富に含んでいる美容液です。
使い続けることによって肌を柔らかくし、徐々にふっくらとした肌作りに役立てることができます。

私が実際に使用したアイムピンチ 口コミレビューはこちら